カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ 【お客様の声】 サイトマップ
RSS

品質で選ぶ__予算で選ぶサイズで選ぶ__色で選ぶ形で選ぶ__数量で選ぶ

 

フェルドスパー

「フェル(ド)スパー」とは日本名でいうと「長石」という鉱物グループです。

それもかなり大きなグループです。

長石は地殻を構成している主要元素である酸素(O)、ケイ素(Si)、アルミニウム(Al)で構成されているアルミニウムケイ酸塩鉱物です。

従って、地上に非常に沢山あります。

長石の化学式は XY4O8 となります。


こう書くといかにも簡単なのですが、この「X」や「Y」にいろいろな元素が入ってきて複雑な事になります。

今回は少し大まかに一般的な部分だけを取り上げて考えてみます。

ここで、「X」に入るものには

カリウム(K)

ナトリウム(Na)

カルシウム(Ca)

バリウム(Ba)


「Y」には

ケイ素(Si)

アルミニウム(Al)

が入ります。

そして、それぞれを当てはめてみると次の四つの端成分が現れます。

KAlSi3O8 正長石(カリウム長石/カリ長石) 

NaAlSi3O8 曹長石(ナトリウム長石/アルバイト)

CaAl2Si2O8 灰長石(カルシウム長石/アノーサイト)

BaAl2Si2O8 重土長石(バリウム長石/セルシアン)

更に、この中で市場に出ている宝石に関係するものに絞り、 銑の長石について考えます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


長石はこの 銑がいろいろ混じり合って沢山の種類の宝石が存在します。(この混じり合ったものを固溶体と言います。)

混じり合うといっても三者の違いは赤文字の部分だけなので、赤文字が混じり合います。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


ちょっと前後しますが、まず△鉢が混ざっているものから。

△鉢は簡単に自由に混ざり合うことができますので、混ざり具合によっていろいろな種類(変種)が存在します。

それらをまとめて「斜長石(プラシオクレース)系列」といいます。

A.(100-90%)+(0-10%)・・・・アルバイト(曹長石):宝石としては「ペリステライト」。←最近市場に復活。

B.(90-70%)+(10-30%)・・・・オリゴクレース(曹灰長石)「サンストーン」が有名です。

C.(70-50%)+(30-50%)・・・・アンデシン(中性長石):宝石はそのまま「アンデシン」

D.(50-30%)+(50-70%)・・・・ラブラドーライト(灰曹長石):こちらもそのまま「ラブラドーライト」

E.(30-10%)+(70-90%)・・・・バイトーナイト(亜灰長石):「バーナイト」←あまり市場に無い。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


次に,鉢△混ざり合ったもの(これらをアルカリ長石系列といいます)

しかしながら、,鉢△廊△鉢のようには簡単に混ざり合いません。

自由に混ざり合うには660℃以上の条件が必要との事です。例え、高温状態で一度混ざっても、温度が下がると分離してしまうそうです。

従って、斜長石系列のように含有率で区別することが出来ないので、性質、結晶系やその他の特徴で分類しているようです。

大まかに分けると、

A.オーソクレース:宝石としてはオーソクレースやムーンストーン。

B.アデュラリア:成分の95%以上がオーソクレースで、残りがサニディン他。宝石ではあまり市場には無い。

C.サニディン:あまり市場には無い。

D.マイクロクリン(マイクロクライン):主成分は 淵ーソクレース:正長石)だが、結晶系が(アルバイト:曹長石)。宝石としては「アマゾナイト」が有名。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

最後に、,鉢ですが、これはほとんど混ざらないようです。



*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

ここで、追加なのですが、今まで注目していなかったい砲弔い萄廼畩霾鵑入りました。

 弊議浩弌砲鉢ぁ塀電敖浩弌砲固溶体(混ざりもの)の「ハイアロフェロン」というものがあるそうです。宝石として流通するようなものではないようですが、マニアの方には面白い石なのかも知れませんね。

このように、長石グループはいろいろな宝石が存在します。

もしかしたら今後も新しいものが出てくるかも知れません。